カラコン汚れ

カラコンが汚れる原因

カラコンは開封して空気に触れた時点から少しずつ汚れていると考えておきましょう。空気中には目に見えない小さなホコリが常に舞っています。空気に触れるということはこのホコリにも触れているということ。普通の場所ではさほど問題はありませんが、こういった危機意識こそがカラコンのような高度管理医療機器を扱う際には重要になってくるのです。

 

カラコンが汚れてしまう原因は他にもあります。どんなに慎重に扱っていても必ず付いてしまうのが目から出る成分による汚れです。例えばタンパク質がありますね。カラコンを装着している以上このタンパク質から逃れることはできません。これを目から発していない人はおらず、身体にとっては必要なものなのですが、レンズにとっては蓄積すると色々な問題が出てきてしまいます。また、空気中にある成分と反応してしまうので放置しておくとよくありません。

 

脂質もカラコンが汚れる原因となります。これもタンパク質と同じように体内から出てきてしまうのでなかなか避けようがありません。また、コスメなどが原因となりカラコンが汚くなってしまうこともあります。目の周囲は特にコスメを多用する場所ですから、これによってレンズが汚れるのは想像がつきますね。

 

人の涙にはカルシウムが含まれています。これも防ぐことが難しい原因であり、そして一度固まってしまうと頑固なので除去するのが難しい厄介者でもあります。
他にもホコリよりも大きな汚れが付いてしまうこともあるでしょうし、菌が付着したり紫外線の影響で汚れとして残ってしまうこともあるでしょう。